SAYTONE HAND WINDING PICKUPS


先人達が残してくれた逸品の数々は、50年を過ぎた今も尚私達を魅力して止みません。その一方で現在生産されている物の多くが、生産効率やコストを優先した物作りばかりになってしまいました。SAYTONEはビンテージ云々では無く、先人達が常識的に用いていた製造方法の一つ一つに着目しております。一見ムダにも思える手間の数々が重要で有り、意味のある事と考えています。
かつて楽器経験の無い工員が、クオリティーの高い製品を作り出すことが出来た事実の裏には、計算されつくしたデザインがあったからではないでしょうか。
巻き上げるスピード、テンション、レイヤーパターンなど、即ち単純に手作業だから良いのでは無く、ある法則に従うしかない事が理解出来ます。
これらを知り得る方法の一つであるビンテージのリワイヤリング作業は、数々の事実を教えてくれます。一見、統一性の無いワイヤリング、不揃いな形状など、数々のリワイヤリング作業を重ね、見るだけでは分かり得なかった整合性をSAYTONEに当てはめております。まずは歪ましても散漫にならずにバイトし、決して埋もれる事の無いサウンドをお試しください。
斉藤 正昭